2013.9.17 18号台風の爪痕

touboku4-2.JPGtouboku1.JPGtouboku4-1.JPGtouboku2.JPG 18号台風は、日本各地に大きな被害を及ぼして駆け抜けていきました。杉並区界隈は幸い大きな被害はなかった模様ですが、善福寺公園には大きな爪痕を残して行きました。上池の内田秀五郎翁の像の近くにあった大木3本をなぎ倒してしまったのです。そのうちの1本は、当会が「善福寺公園樹木30選」の一つに選んでいたエノキのです。近くの幹周3.3m、樹高27mのケヤキの大木とともに遊歩道に覆いかぶさり、台風の猛威を見せつけています。

閉じる